ズバット自動車保険比較








保険スクエアbang!








保険の窓口インズウェブ



自動車保険選びで大事な事をご存知ですか?

特に最近は、保険会社各社から魅了的な自動車保険が色々と発売されていて、それらからどれを選択すれば良いのか迷ってしまいますよね?

保障内容だけではなく、ロードサービスまで付加価値としてアピールしている広告まで見かけます。

既に自動車保険を契約している方に、「貴方が、いま契約している自動車保険を選んだ理由は何ですか?」と質問すると、
回答の多くに「昔から更新を続けているから」や「有名な保険会社だから」という理由が多いのには驚かされます。

確かに、今の保障内容が最適であり、同時に無駄がなければ問題はないでしょう。
しかし、プロの目線から内容をチェックしてみると、損をしているケースは少なくありません。

当サイトでは、本当に役立つ自動車保険の選び方と、損をしない見積もりの取り方などをご紹介させていただきます。
わかりやすく、簡潔にまとめていますので、ほんの少しだけお時間をください。

自動車保険の基礎知識

選択する会社によって、保険料に大きな差が出る

一昔前までは、自動車保険料は、どこの会社でかけても共済などを除けば、全く同じ料金だった。しかし、現在ではプランの選び方が細分化され、たとえば同じ条件であったとしても、会社ごとによって保険料が異なっています。
よって、どの会社のどのプランを選ぶかによって、保険料が節約できるか、逆に損をしてしまうのかが分かれてくるのです。

「リスク細分型」とはどのようなものか

リスク細分型とは、わたしたちドライバーのプロフィールを含む、様々なデータによって、それぞれのリスク(危険度)が細かく判断され、それに準じて保険料を正確に算出する、保険の形態である。これにより優良なドライバーの保険料は安く、逆に危険なドライバーの保険料は高くなるのである。

加入の手続きは簡単になっている

以前は保険の加入の手続きは、代理店を通して行うものだったが、現在ではインターネットの普及などで、電話1本で加入できる形態や、さまざまな会社の商品をセットで組み合わせて購入できたりなどと、窓口での選択肢は広がっている。そのため、それぞれのプランの長所・短所をよく知っておくことが重要となってきます。

「リスク細分型」について

先述した「リスク細分型」についてですが、私たちドライバーは、保険会社によって、「グッド・リスク」「バッド・リスク」という2つの評価で区分されている。これは、あらかじめ事故を起こすリスク(危険度)を考慮し、それに応じて優良ドライバーにはある程度安く、逆に危険なドライバーには、それなりの保険料を負担してもらおうということである。要するに、これは過去の運転履歴から、事故率を予想して、保険料を決めているというわけです。

ノンフリート等級別料率

自動車保険でよく耳にする「ノンフリート等級別料率」とはどういったものか。
「フリート」とは本来「艦隊・船団」を意味する単語である。9台以下の自動車の契約者を「ノンフリート契約者」と呼び、逆に10台以上の契約者を「フリート契約者」と呼ぶ。
任意保険は自賠責保険とは違い「メリット/デメリット料率」という方式を取っている。つまり、無事故を続ける有料なドライバーには、年々どんどん保険料を安くし、逆に前に事故を起こして保険を使ったドライバーには、保険料を高くするというシステムを取り入れている。これが「ノンフリート等級別料率」である。
等級は現在では1から20まであり、数字が大きくなるにつれてドンドン割引率がアップし、逆に数字が小さくなるごとに割増率が上がり、保険料は高くなる。
※ちなみに「ノンフリート等級」は、保険会社が変わっても、引き継ぐことになる。つまり会社を変えても等級はそのままなのである。

自動車保険加入を請け負う「代理店」

自動車保険に加入する場合、自賠責も任意保険も、保険会社に直接コンタクトを取って契約することができるが、多くの場合は「代理店」で手続きを行う。では、どのようなものが挙げられるのでしょうか?
まず自動車保険の窓口としてなじみが深いのが「自動車ディーラー」。トヨタや日産、ホンダなどのメーカーの販売店などが保険会社の代理店を請負っていて、車を購入する際に、自賠責や任意保険も一緒に契約してしまう、というのが多いケースのようだ。
バイクショップ、中古車販売店、ガソリンスタンドや整備工場なども、多くの場合はどこかの保険会社と代理店契約を結んでいる。これらはいわゆる、保険を「副業」として行っている「副業代理店」である。
もう一方で代理店には、保険の販売だけを「専業」にしている、いわゆる「プロの代理店」と呼ばれる人々がいる。会社として営業している場合もあるが、多くは個人事務所として経営している。例えば「◯◯損害保険事務所」とか「□□リスクマネジメント」など、名称は様々であるが、例えば電話帳などを見てみると、たくさんの代理店を見つけることができる。また、普段の生活でも気を付けて駅前や街中を見てみると、様々な保険会社の代理店の看板や広告を目にする事ができます。

「プロの代理店」と「副業の代理店」の違い

では、上の「プロの代理店と」副業代理店はどう違うのか?
一般的には、プロの専業代理店のほうが、副業の代理店と比べ、保険知識が豊富であり、事故時などにも親身に対応してくれる、とされている。
ただもちろん、同じプロの代理店であっても、それぞれに差はある。たとえば「自動車保険に精通している人」「火災保険にくわしい人」などなど、得意分野に違いがあるのだ。
つまり、たとえば同じ保険料を払って同じ内容の保険に入っても、代理店の能力によって、その後の「満足度」に差がでてくるという事である。
また、代理店の資格には「ランク」がある。保険代理店の資格を取得し、保険商品を取り扱うためには、保険の内容について勉強し、試験に合格しなければならない。さらにそれぞれの資格に応じた売上げを上げなければ、上のランクにも上がれず、手数料にも差が出てくるというシステムになっている。
現在では各社によって、それぞれ区分の呼び方は変わってきているが、以前は、「初級」「普通」「上級」「特級(一般/工場)」の4つのランクに分けされており、今も大きく分けると、この4つのランク分けには変わりがない。ちなみに、「初級」の試験などは、テキスト持ち込み可能で内容もやさしく、少し勉強すれば簡単に合格できるレベルだが、「特級」となると、かなりの知識と保険獲得の実績が必要となる。

代理店を選ぶポイント

また、代理店の「保険獲得実績」というのは、保険会社にどれだけ多くの利益をもたらすか、という事だけではなく、「その代理店を介して、どれだけ多くの人が保険に加入しているか」、つまり、契約件数も大きな目安となる。これは例えばクチコミや身近な人間からの紹介などで、それぞれの代理店の評判を測ることができるのである。
以上のように、代理店を選ぶ際には、「まずその人が自動車保険に詳しいかどうか」そして、「万が一の時に、迅速・そして親身になって対応してくれるかどうか」これがポイントとなってくるのである。

Copyright © 自動車保険の案内所 All Rights Reserved.