投稿者:たこすけ様(千葉県・男性・32才)

数年前、ホンダのフィットの中古車を購入し、運転していました。しかし、交差点で衝突事故を起こしてしまいました。
事故の状況ですが、私は十字路で右折待ちの最中でした。反対車線からは、途切れることなく対向車が流れていました。
この交差点は、普段なら車どおりが少なく、スムーズに曲がれるはずでしたが、この日は近所で何らかの行司が行われていたらしく、交通量が桁違いに多くなっていました。
先を急いでいたため、私はかなりイライラしており、少しでも車が途切れたら、全速力で右折して突っ切ってしまおうと思っていました。
そのうち、反対車線からも右折待ちの車が現れました。ちょうどこちらの視線を塞いだ形になっています。
反対車線の右折待ちの車の向こう、対向車の流れが一瞬、途切れたので、私はアクセルを踏みました。しかしちょうどそのとき、新たな車が対向車線に現れました。
ブレーキを踏もうと思ったのですが、間違ってアクセルを踏んでしまい、結果、その車の横に、正面からぶつかる形になってしまいました。私の車は、バンパーのみ大破し、相手の車は、右後ろのドアが潰れました。

私は任意の自動車保険に入っていませんでした。
話し合いの結果、相手の保険会社と、私個人とで話し合いになりました。
ひとまず相手は車の修理の見積もりをたてることになりました。その結果、約30万円の費用が発生する事がわかりました。
賠償金額ですが、一応、交差点での接触事故で、相手も動いていたため、9対1の割合で損害賠償をすることになりました。つまり27万円です。

賠償金額は、相手の指定の口座に振り込むことにしました。これで相手に対する賠償は完了しましたが、次に自分の車の修理です。バンパーの交換と、その他、電装系にいくつかの損傷があり、合計12万円の出費になりました。
合計39万円の出費です。任意保険に入っていれば、その後の保険金が高くなるとはいえ、ここまで出費をすることはなかったはずでした。
人身事故に至っていたら、金銭的な賠償は、これとは比べ物にならない大金だったはず。恐ろしい結果もありえたはずなので、任意の自動車保険には必ず入るべきだと思いました。