投稿者:CMさん様(長野県・男性・32才)

私は、今までに2回交通事故を起こしています。
1回は、雪が降った3日後くらいの峠のカーブ。60キロで曲がろうとし、スリップして壁に激突し、車軸が曲がりました。その時は、相手の車もなく、鞭打ち程度だったので、任意保険は使いませんでした。

2回目も、冬のカーブでした。大きな橋からの緩やかな左カーブ。その日は、塩カルが撒いてあり、それに滑って対向車と激突しました。その時に、任意保険を使いました。警察を呼び、自動車保険の会社に電話しました。事業所が近かったこともあるかと思いますが、15分くらいで駆け付けてくれました。
私と私の父母、妹、全員がお世話になっている方です。やはり顔を知っている方なので安心できます。警察に事情を聴かれ、相手方の自動車保険の代理人と私の代理人にて話をしてくれました。幸い相手の運転手にけがはなかったので、相手方の自動車の修理費を任意保険で支払うことで話はまとまりました。すぐに対応してくれたおかげで、もめることもなく日常に戻ることができました。過失割合は9対1でしたが、センタラインを越えていたので仕方がないかと思います。

その後のこともすべて代理店の方に任せてしまいましたが、特に問題もなくスムーズに解決しました。等級は下がりましたが、無事に済んで良かったと思っています。

後で代理店の方と会う機会があり、話をすると、相手方の自動車保険も代理店は違いますが、会社は同じことが分かりました。それもあり、なんの手間もなく終わったのかもしれないと思います。

任意保険に加入しない若者や最近は高齢者も多いと聞きますが、私は運転する以上は必ず任意保険に加入すべきだと思います。自分のためでもあり、相手のためでもありますが、大きな責任に発展する可能性を秘めているのが、交通事故だと思います。みなさんも悩まずに必ず、任意保険に加入することをお勧めします。自分の体験からでしたが、いつ事故に遭うかはだれにもわかりませんし、どんなに気を付けていても、追突されたらどうしようもありませんから。