投稿者:あかり様(埼玉県・女性・35才)

自動車保険の等級表のからくり

先日、自損事故を起こし修理のために保険を使って直そうと思ったところ、ディーラーさんから「待った」がかかりました。
その理由は「去年10月1日以降の契約から等級表が変わったので確認したほうが良い」とのことでした。事故ありの等級表では1回事故をしてしまうと割引率がかなり悪くなる状態が何年にも渡ることになります。契約は1年更新ですが10月1日以前に契約更新したので大丈夫だろうと思っていましたが、ディーラーさんから「一応確認してください」と言われたので、代理店に電話で確認すると「事故ありの等級表になります」と言われました。以前に、等級の改定についての資料が送られていたので、それを何回読んでも「10月1日以降の契約に限る」といるだけで、どうしても自分が当てはまるとは思えず、納得がいかないので保険会社に直接確認すると今度は「事故なしの等級表になります」と言われました。そこで、また代理店に電話してこの話をすると調べてくれて、その回答は「10月1日以前の契約なので、今度の更新時には今までの等級表でいきますが、来年の更新時は3年間という縛りにひっかかるので事故ありの等級表になります」という説明でした。
つまり「今度からは事故を起こした人は使った保険を3年かかって払いなさいよ。その代わり事故がない人は割引が大きくなるよ」と言うことらしいです。そんなからくりどこに書いてあるわけ?って感じですよ。しかし、事故した人は保険料を高く払うというのは理にかなっていると思いました。そんなこんなで今回は保険を使わずに修理をすることにしました。しかし、いざというときの保険なのに、使わない方がいいなんてなんか納得いかないと思います。
大手の自動車保険会社でこんな感じだから、みんな安い通販型の自動車保険に切り替えてしまうんですね。私も次の更新は通販型がいいかなと思っていますが、通販型の自動車保険は拠点が少ないし、転勤が多いので、事故処理の間に担当者が変わるなんてこともあるようで、どっちが良いのか悩んでしまいます。